太刀と刀の違いについて

刀剣、いわゆる日本刀について、太刀と刀の違いについて今回は説明させて頂きます。
どちらも日本刀の部類に入りますが、時代としては先に誕生したのは太刀です。太刀は日本刀の古い形式のもので、刃を下向きにして腰から吊るして装備します。この理由は、もともと馬上で戦うことを目的に作られたものでしたので、馬上から斬りおろせるように下向きに刃を向けるようになっているのです。刀に比べ、刀身の反りが強いのも特徴です。
対して、刀は、刃を上に向けて腰に差すように装備します。これは片手で抜きながら斬りおろすことができるようにするためです。
両者とも刀剣の部類ではあるのですが、上記のような違いがあるのです。
ただ、実際に装備している姿を見れば太刀か刀かの違いは明確なのですが、今の時代、刀剣を見る機会などはほとんど博物館や美術館に限られるので、飾ったままだとどちらが太刀か刀かは帯刀の仕方かでは判別が出来ません。
ですが、この刀剣の展示にはルールがあり、装備するときの向きと同様の向きで飾ることが原則とされていますので、刃が下を向いていれば太刀、上を向いていれば刀と判断することが出来ます。